声優やアナウンサーのなりかた

声の仕事に就くには様々な方法がある

声優やアナウンサーなどの声の仕事は憧れの職業で人気が高いです。声優は特に人気の職業で声優の中でも食べていけるのは声優1万に対して食べていけるのは300人と言った声優さんがいるのも有名な話です。それだけ激戦の声優ですが、なるためには演技力はもちろんのこと、歌やダンスさらには色んな方と仕事を円滑にしていくためのコミュニケーション能力が必要でしょう。しかし、声優になると決めたのであれば、これらの能力を不屈の精神で誰よりも高める必要があります。
では、声優になるためにはどのような手段があるのでしょうか?大まかな道筋は専門学校に通う、声優養成所から正所属になる、俳優養成所から舞台を経て声優になる、公開オーディションで合格する等が考えられます。どの道を選ぶことが正解ということはありませんが、一番メジャーなのは声優養成所に通うことでしょう。

養成所の他にもボイストレーニング?

もし声優養成所に通った場合、事務所の正所属になれるのはほんの一握りでしょう。その一握りになるためにも、他人と差をつける必要があります。通った養成所が演技中心の授業を行うのであれば、楽器や声楽を始めたりして自身の音感や声の表現力を高めていくということも効果的です。演技ができて歌も上手ければアピールできるポイントが一つ増えることになるからです。そのためにも金銭的余裕があるのであれば、ボイストレーニングに通って自身の声の幅というのを広げてみるのもいいでしょう。また、声優ではなくアナウンサーになりたい人も大学在学時にアナウンサーの学校に通ったり、ボイストレーニングをしておくのも就活の際にハキハキとした声で物事を伝えられ就活の時にも役に立つはずです。
声の仕事はアニメを見る人、テレビを見る人に夢を与えてくれる仕事です。その夢の舞台に立つためにも日頃の努力を欠かさずに毎日を大切にしていきたいですね。

© Copyright Learning Voice. All Rights Reserved.